--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/14 (Wed) 20:09
ヘアメイクリハーサル2

 さてさて、美容室に着いてまずはアンケート。式場の名前や式の日にち、着るドレスの着数などです。あとなりたい自分のイメージなども「普段どうりの自分」「いつもと違う自分」だったりエレガント!!な感じなどといろいろ書いてありました。
 マルをつけるだけで良いしちょっと安心。なはずだけど、、文章を見てもぴんと来ない!!
とりあえずいつもの自分に○付けてみようとした瞬間妹から「いつもと違う自分」に決まっているでしょ!!とダメだし。素直の妹の言うままに○。そうこうするうちに担当の美容師さんがやってきました。細くってスタイル良いです。
 細くってスタイルの良いきれいな美容師さんが言うにはヘアメイクが完成するのに一時間ほどかかるとのことで妹はその間銀座の町へとお買い物に出かけました。
 後はヘアメイクさんと話しながらいろいろやってもらいます。私としては式は正統派にしたいということとかわいらしすぎるのはNGな以外特に希望がなくて、こんな髪型が良いというのもなかったので美容師さんには苦労かけたなあと我ながら思います。
 メイクが終わるころちょうど妹が買い物から帰ってきました。ラッキー。直後にメイクさんにメイクの感じはいかがですか??ときかれたのですが...ふだん化粧しないのにいかがも何も...
 ええ考えるの放棄しましたよ。メイクさんに聞かれた言葉をそのまま妹に告げました。その後は...私をほぼ無視したメイクさんと妹のやり取りが続きました。いいんですけどね、まあ。それで素敵な花嫁が出来上がれば。何しろ私は自分のメイク顔になれるのに精一杯でしたからね。
 何とかかんとかヘアメイクリハーサルを終え、妹連れて行ってよかったーと実感する私でした
スポンサーサイト

2005/12/14 (Wed) 00:08
ヘアメイクリハーサル1

 数日前のことですが、ヘアメイクのリハーサルに行ってまいりました。お願いしたのは某H.E(まあ隠さなくたって良いのですが面白いので)
 前回ドレスショップの小物あわせに行ったときは実は小物を決定せず、ヘアメイクのリハーサルをやってから改めて決めましょうというお店の人の提案に乗ったのでした。正直ほっとしました、なぜならドレスショップの契約書には一度小物を決めてから変更したくなったときは50%のキャンセル料をとると書いてあったから。
 もともと小物あわせとリハーサルのどっちを先に行くかで悩んでいた私にはとてもうれしかったのです。
 さてさて、リハーサルですがお供に妹を連れて行くことにしました(会社を休ませて)。なぜなら私普段化粧をしないのです、ほとんどというか、、、まったく?そんな女がヘアメイクに行ってもねえ。というわけで普段から化粧をしていてまあ美的感覚があるだろうと思われる女を連れて行きたかったわけですね。
 結論から言えば大正解でした。

テーマ : 結婚式までの道のり - ジャンル : 結婚・家庭生活

2005/12/05 (Mon) 21:58
小物選び2!!

 さてさて、ドレスの小物選びですが。皆さんご存知?のとおり、ドレスってドレスだけでは成り立たないのですね(涙)
 基本的なところで靴、パニエ、ベール、手袋、ネックレスやイヤリング。好みでヘッドアクセサリー。
 もちろんドレス屋さんによっては全てがセットのところもありますが(コレって結果的には割安になるよなー、いいなー)私が決めたところは悲しいかな小物別。よって小物選びは楽しいけれど苦しい現実との戦い!!とりあえず事前に母親に借りまくったパールもののアクセサリーと前回の話題にしたベールを持ってドレス屋さんへ向かいました。  まずは改めて自分の決めたドレスとの再会です。
 やっぱいいわー
好みのドレスにして良かったー。多少の金額なんて気にしちゃだめです、やはり。
 まず基本的なドレス屋さんで用意をしている小物セットを付けてみました。それなりです。
 悪くはないんですよー。その後に母から借りたアクセサリーをとっかえひっかえ着けてみました。なかなか良いです。何より母がこんなにいろいろなパールのアクセサリーを持っているとは意外でした。なによりありがたい!!お店の人も楽しんでアクセサリー選びを手伝ってくれたのでかなり楽しいひと時を過ごしちゃいました。
 ヘッドアクセサリーはティアラにしてみました。似合わないかなーとも思ったけれど何せ「一生に一回」ですからね

 

テーマ : 結婚式までの道のり - ジャンル : 結婚・家庭生活

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。